一隅について

【公式】ひとすみオンラインショップ ~国産馬油とすっぱい梅干し~
【公式】ひとすみオンラインショップ ~国産馬油とすっぱい梅干し~
国産成分無調整 ひとすみ馬油

株式会社一隅(ひとすみ)は、昭和27年に福岡県の針摺峠(はりすりとうげ)で馬の脂肪に古くから伝え残された不思議な効能を研究するために故直江昶(なおえとおる)によって設立された「直江文化研究所」の理念を継承し、令和元年に誕生しました。代表の直江総一郎は、1988年、ソンバーユ株式会社、株式会社薬師堂の創設メンバーとして同社取締役に就任。 父であり同社社主でもあった直江昶の下で30年に渡り同社ブランドの確立に尽力する中、2015年に父、昶が他界。そこから海外原料も使った大量生産へと変わっていく同社の経営方針に賛同できず、異論を唱えることに。その後、取締役会を無くすなど経営体制も改変され、このままでは単なる反対論者となって会社運営に悪影響を与えるだけと考え、原料元の(株)筑紫野物産研究所を含めた同三社の専務職および取締役を辞任。父、直江昶が著書「馬油と梅雲丹の研究」に書き残したとおり、国内産の原料を使用した高品質、成分無調整の馬油を提供していかなければならないという使命感から2019年(令和元年)春に、株式会社一隅を設立しました。 株式会社一隅は、故直江昶の信念のひとつ“一隅を照らしましょう”という最澄(伝教大師)の教えを尊み、品質と安全性を最優先に考えた商品を企画開発し、皆様にお届けしてまいります。